« 情報追加:WinXP SP2でのJavaScriptの動作に関して | メイン | デジクリテキスト販売のお知らせ »

2004年11月01日

フリーのハイビジョン素材について

2004年12月31日で、このdata.openspc2.orgのフリーのハイビジョン素材は無くなります。また、それ以前にハードディスクが壊れた場合も素材は無くなります(復活しません。復活できません)。静止画の素材の一部もデータが壊れており復活しないものがあります。これもハードディスクが壊れたら復活できません。


静止画に至っては大もとのデータ自体が壊れている上にバックアップしたDVD-Rのデータも読めないので元に戻しようがなかったりします・・・。
PowerMac G5で大量にDVD焼いたら、焼いたDVDが読めない・・・。iBook G4やWin機やG4では読めるんだけど。販売店に聞いたらG5のは弱いみたい。というか、普通はそんなに大量に焼かない(バックアップしない)から、問題ないんでしょうけど・・・

デジタルカメラも使い過ぎのせいかバッテリーが異様に早く消耗してしまって、撮影するのが結構手間だったりします。100枚撮影するのにバッテリー3本必要というのは何とも・・・。中古で買ったカメラだけど5万枚近く撮れば、さすがにバッテリーも駄目ということかなあ。

検索してブログとか漁っていたら、以前掲載していたCG動画素材をダウンロードしておけばよかった、というのがありました。CG素材は復活する予定があります。HDD内のデータが壊れていなければですが。あと、新規にCG素材も追加予定です。でも来年の予定。

知らぬ間に上流の回線が半分以下の速度になってしまったみたい。どうも反応速度が悪いと思ったら、半分以下の速度で、なおかつ大量にシェアされれば、どうしようもない。ハイビジョンの映像素材とか配布するだけの回線容量がないとも言えますが・・・。(速いADSL以下)
他のサーバーやヒット数見たら、ある時点からガクっと減ってました。回線が半分になれば、それ以上はさばけないので当然と言えば当然ですが・・・。

何にしても仕事ができる時にやっておかないと。誰かが入院したりすると、その分やらないといけないので、あっさりとストップしちゃったりしますし。www.openspc2.org, data.openspc2.orgにあるデータで必要なものがあれば、なくならないうちに持って行ってください。今なら500GBくらいしかないと思いますので。

投稿者 openspc : 2004年11月01日 02:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.openspc2.org/blog/mt-tb.cgi/42

コメント

コメントしてください




保存しますか?