新JavaScript例文辞典

年数で違うページに移動させる

説明

年数で違うページに移動させるにはDateオブジェクトのgetFullYear()メソッドを利用します。この値を調べて年別にページに移動させます。サンプルでは2010年の場合はindex2.htmlに、それ以外の年数の場合はindex1.htmlに移動します。

サンプルプログラム

【HTML】
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8">
<title>Sample</title>
<link rel="stylesheet" href="css/main.css" type="text/css" media="all">
<script type="text/javascript" src="js/sample.js"></script>
</head>
<body>
<h1>年数で違うページに移動させる</h1>
<p>2010年のページはindex2.htmlに移動します。2010年以外の場合はindex1.htmlに移動します</p>
</body>
</html>

【sample.js】
var dateObj = new Date();
var jumpURL = "index1.html";
if (dateObj.getFullYear() == 2010) { jumpURL = "index2.html"; }
location.href = jumpURL;
サンプルを実行
[戻る]