新JavaScript例文辞典

スクリプトファイルを読み込む

説明

スクリプトファイルを読み込むにはscriptタグのsrc属性に読み込むJavaScriptファイルのURLを指定します。Web上にあればドメインに関係なく、どこにあるスクリプトでも読み込んで利用することができます。scriptタグには読み込むファイルがJavaScriptファイルであることを示すためにtype="text/javascript"を指定します。間違って違うものにしてしまうと正しく処理されません。また、古いブラウザやWeb標準外のブラウザの場合、typeでなくlanguage="javascript"にするか、両方を併記した方がよい場合もあります。
scriptタグの記述位置はheadタグ内でもbodyタグ内のどちらでも構いません。また、スクリプトファイルが複数ある場合は、読み込むファイルの数だけscriptタグを列記します。CSSの読み込みと異なり@importなどがないため、動的に読み込む場合には別途スクリプトを作成する必要があります。これに関してはダイナミック(動的)にスクリプトファイルを読み込むのページなどを参考にしてください。また、Ajaxライブラリ/フレームワークによっては、動的なJavaScriptファイルの読み込みをサポートしているものもあります。

サンプルプログラム

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8">
<title>Sample</title>
<link rel="stylesheet" href="css/main.css" type="text/css" media="all">
<script type="text/javascript" src="js/sample.js"></script>
</head>
<body>
<h1>文字を表示する</h1>
</body>
</html>
サンプルを実行
[戻る]