新JavaScript例文辞典

送信時にテキストフィールドの空欄チェックを行う

説明

送信時にテキストフィールドの空欄チェックを行うにはformタグのonsubmitに空欄チェックを行う関数を指定します。この関数内で空欄チェックを行いたいテキストフィールドの内容(valueプロパティ)を読み出しから文字を示す""と比較します。空欄の場合はデータを送信せずに元の状態に戻す必要があるためreturn falseで元の状態にします。

サンプルプログラム

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8">
<title>Sample</title>
<link rel="stylesheet" href="css/main.css" type="text/css" media="all">
<script type="text/javascript" src="js/sample.js"></script>
</head>
<body>
<h1>送信時に空欄チェックを行う</h1>
<form method="get" action="./regist.cgi" id="aForm">
名前:<input type="text" name="userName" id="userName">
<input type="submit" value="送信">
</form>
</body>
</html>

【スクリプト】
window.onload = function(){
document.getElementById("aForm").onsubmit = function(){
var txt = document.getElementById("userName").value;
if (txt == "") {
alert("空欄です。名前を入れてください");
return false;
}
}
}
サンプルを実行
[戻る]