新JavaScript例文辞典

画像の元の横幅、縦幅を取得する (naturalWidth, naturalHeight)

説明

画像の元の横幅、縦幅を取得するには画像オブジェクトのnaturalWidth属性、naturalHeight属性を参照します。値の単位はピクセルになります。Safari 3.1、Firefox 2.0以降で動作を確認しています。どのバージョンから使えるかは正確には調べていません。

サンプルプログラム

window.onload = function(){
var imgObj = document.getElementById("checkButton");
imgObj.onclick = checkSize;
}
// 画像の幅を取得する関数
function checkSize(){
var imgObj = document.getElementById("photo01");
var w = imgObj.naturalWidth;
var h = imgObj.naturalHeight;
alert("横幅:"+w+"ピクセル×縦幅:"+h+"ピクセル");
}
サンプルを実行
[戻る]